スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ベースから見たボイスパーカッション 「ベースから見たボイパのあり方・ポジション」

ここの管理人牧野と同じバンドのメンバーのベースです。概要の投稿からめちゃくちゃ日が空いてしまって本当に申し訳ない。CDもひと段落ということで、やっと記事投稿します。
第1回目となる今回は「ベースから見るボイパのあり方・ポジション」というお題で書いていきたいと思います。

ベースもボイパもバンドの中で考えると、テンポ、リズムを支配する、いわゆる”リズム隊”です。縁の下の力持ちってとこでしょうか。特殊な音楽をやっていない限り、一般の音楽をやっている場合には、これらはなくてはならない存在です。
そして、同じリズム隊の中でも、ベースとボイパとでは役割が全然違います。ベースがハーモニーを低音部から支えて、なおかつアタックや打ち方でグルーヴやリズム感を出すという役割に対して、ドラムは、リズムを根底から支え、曲全体の強弱、グルーヴを出し、曲を、ひいてはバンドさえ引っ張る、という点です。

ここまでが基本的なベースとボイパのバンドでのポジションというところです。ボイパを志す皆様、以上を常に頭に入れておけばよろしいかと思われます。
 
<<息を自然に吸う時の留意点(書きかけ) | ホーム | CD発売します!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buzzbuzzp.blog35.fc2.com/tb.php/54-cf8f12f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 音楽ブログへ

Latest articles

Categories

Search in the site


よく読まれている記事

  1. 音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット
  2. 息の吸い方
  3. 16ビート
  4. リズムパターン 1
  5. バンドのオリジナル曲(my way)

Profile

 ボイパ歴約4年の東京在住のボイスパーカッショナー。
 早稲田大学のアカペラサークルOB。
 同サークルのOBバンドBUZZBEATに所属しており現在CD作成中。
 普段はwebサイトの制作、サービス構築の仕事をしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。