スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

高音が強くなってしまう場合 (何故高音が目立つとよくないのか)

そもそも高音が大きいとどうなるのか

ハイハットは一番拍を刻む音で、上手く使うと、疾走感の調整やリズムにノリを加えることができると思っております。

シンバルやハイハットは金属音を真似ているから音が大きいかったりまるめないとどうしてもキンキンしてしまうと思います。

全てのパートを一つのバンドサウンドとして考えた場合に、ハイハットなどパーカッションの高域の音が大きいと問題があります。
大きいとどうしてもコーラスのハイレンジやボーカルのハイトーンを打ち消したりします。
特に小さい部屋などでは反響もしたりすることでさらにそうなってしまうような気がします。
 
<<息を吸いながらのスネアのやり方 | ホーム | 高音が強くなってしまう場合 (目次)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buzzbuzzp.blog35.fc2.com/tb.php/46-0bb51aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 音楽ブログへ

Latest articles

Categories

Search in the site


よく読まれている記事

  1. 音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット
  2. 息の吸い方
  3. 16ビート
  4. リズムパターン 1
  5. バンドのオリジナル曲(my way)

Profile

 ボイパ歴約4年の東京在住のボイスパーカッショナー。
 早稲田大学のアカペラサークルOB。
 同サークルのOBバンドBUZZBEATに所属しており現在CD作成中。
 普段はwebサイトの制作、サービス構築の仕事をしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。