スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

基本的にボイスパーカッショナーは参考にしない

「ボイパを教えて下さい」と言われることがたまにあり、その中でよく「どの人のマネしてます?」とか「どの人を参考にしています?」と聞かれることがありますが答えは
「ボイパーを参考にすることはあまりなくて、かわりドラムを参考にしてます。」

それはバンドがロックをしているということはあまり関係なく、
・ ボイパよりドラムを聴く(ほうがいい)
- やっている人の絶対数からドラムのほうがいいリズム、グルーブ、フィルインを出している人が多い
- 複数の音が同時で打てる、そもそもの音色や音質のバランス感が完成されているため
- どうしてもボイパを聞くと1次元でリズムをとる癖ができる。なぜなら同時に複数の音が出せない(出しにくい)から
- ただしボイパの基礎的な出し方はボイパーを参考する必要はあり
- ヒューマンビートボクサーを目指す場合は別
・ 特に重要なことは物真似では良いリズムとグルーブは出せないということ(この内容に関しては別のセクションを設ける予定)
が理由になります。
 
<<参考にしたボイスパーカッショナー | ホーム | バンドのメンバーがハモネプにでました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buzzbuzzp.blog35.fc2.com/tb.php/3-32606932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 音楽ブログへ

Latest articles

Categories

Search in the site


よく読まれている記事

  1. 音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット
  2. 息の吸い方
  3. 16ビート
  4. リズムパターン 1
  5. バンドのオリジナル曲(my way)

Profile

 ボイパ歴約4年の東京在住のボイスパーカッショナー。
 早稲田大学のアカペラサークルOB。
 同サークルのOBバンドBUZZBEATに所属しており現在CD作成中。
 普段はwebサイトの制作、サービス構築の仕事をしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。