スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

リズムの位置(重心)

BUZZBEAT(blog管理人所属のバンド)のライブに来て下さった方なら
わかると思うのですが、私がボイパをしている時、やや腰を落として
ボイパをしております。

なぜなら
腰を落とす
重心を下に持ってこれる ので
リズムを安定させられる
ボイパを腹から打てる

からです。

■リズムの位置(重心)についてもう少し細かく言うと
・ リズムは腰の高さくらいにおくのがいいと思っております
- リズムを感じる位置というものがあって、リズムをイメージするとき手が肩より高い位置の場合、重心は高いところにあると思われます。
重心が高いとリズムが不安定になり、体には芯の無いリズムが刻まれます。しかし手が腰の高さに持ってこればいいわけではないです。
手が高いと重心が不安定になりやすいだけで絶対高いと悪いわけではないです。(高くてもリズムの芯がしっかりしている人はいます)
 
<<リズムの位置(重心) 補足 | ホーム | ボイパ本のレビュー(ゴスペラーズ、ハモネプ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buzzbuzzp.blog35.fc2.com/tb.php/15-619c4b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 音楽ブログへ

Latest articles

Categories

Search in the site


よく読まれている記事

  1. 音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット
  2. 息の吸い方
  3. 16ビート
  4. リズムパターン 1
  5. バンドのオリジナル曲(my way)

Profile

 ボイパ歴約4年の東京在住のボイスパーカッショナー。
 早稲田大学のアカペラサークルOB。
 同サークルのOBバンドBUZZBEATに所属しており現在CD作成中。
 普段はwebサイトの制作、サービス構築の仕事をしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。