スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

リズムについて

リズムについて早めに定義させておきたいと思いました。

度々「お前はリズム感がいい」とか「悪い」とかいう言葉が行き交っていますが、そのものすごく抽象的な言葉「リズム」って何のことなのか?
ということをボイパーに当てはめて考えてみました。

■正しいテンポキープができている
■粒間が聞いていて心地よくできるか(強拍、弱拍)
ではないかと思います。

【リズム感をあげる練習方法1】
リズム感をあげたい曲でやってみる。(新しい曲を練習する時はやってます)
1、単純にメトロノームと合わせてみる (少しだけテンポを落としてやってみる)
メトロノームを使って全体をさらいます。メトロノームを使わずして自分でうまくいっているつもりでも、ものすごいやりにくいときがあったりします。(やりにくいとまず駄目です。)
2、メトロノームで裏打ちを合わせてみる
裏打ち(基本はハイハット部分)をメトロノームに合わせてみます。
どういうことかというと
例えばエイトビートなら
Do tu Pu tu Do tu Pu Do

n tu n tu n tu n tu
(nは出さないほうがベター、頭のなかはDo tu Pu tuのように通常)
これが案外できなくて苦労するのです。でもできないニヤリーイコールうまくリズムが刻めないとなります。
そもそもこれが聴けない人も多数いるようです。コーラスの方もこれができるようになるとよいと思います。

3、メトロノームと自分が打っているものを録音→聞く→おかしいとこを再録音(繰り返し)
後はPDCAです。
耳も鍛えられますし、自分が苦手な部分が明確化します。
特にリズムが変わるとこ、フィルイン、ソロを重点的にチェックするとさっぱり合ってないところがザクザク発見できます。

とりあえずやっていることを書きました。
まだまだ足りないような点は後ほど書きたいと思います。
「こんなことやっているよ」などありましたら、よければコメントして下さい。
    スポンサーサイト
  • 2009/04/19(日) 00:04:50 | 中級編 (いい音を出すには) | トラックバック:0 | コメント:0

 
次のページ

にほんブログ村 音楽ブログへ

Latest articles

Categories

Search in the site


よく読まれている記事

  1. 音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット
  2. 息の吸い方
  3. 16ビート
  4. リズムパターン 1
  5. バンドのオリジナル曲(my way)

Profile

 ボイパ歴約4年の東京在住のボイスパーカッショナー。
 早稲田大学のアカペラサークルOB。
 同サークルのOBバンドBUZZBEATに所属しており現在CD作成中。
 普段はwebサイトの制作、サービス構築の仕事をしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。