スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ボイパがうまいとは

ボイパのうまさについて、考察してみました。
まず一人かバンドという切り分けをしていましたが結局並列な考えで

● 音質
▲ 音量
● リズム
▲ 持ちネタの幅(リズムパターン、 フィルイン、 音色など)
● 音の選択センス
● 持続性
● リズムアンサンブル

なのかなぁと思いました。
中級編では上記で意識していることを説明していこうと思っております。
    スポンサーサイト
  • 2009/03/30(月) 00:25:20 | 中級編 (いい音を出すには) | トラックバック:0 | コメント:0

 
次のページ

にほんブログ村 音楽ブログへ

Latest articles

Categories

Search in the site


よく読まれている記事

  1. 音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット
  2. 息の吸い方
  3. 16ビート
  4. リズムパターン 1
  5. バンドのオリジナル曲(my way)

Profile

 ボイパ歴約4年の東京在住のボイスパーカッショナー。
 早稲田大学のアカペラサークルOB。
 同サークルのOBバンドBUZZBEATに所属しており現在CD作成中。
 普段はwebサイトの制作、サービス構築の仕事をしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。